IPOぎゅわんぶらあ自己抽選派

IPOバブルは崩壊・・・  IPOブログではなく、投資日記になりつつあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

証券税制、麻生氏発言で再び焦点に 「配当非課税」実現は不透明


税務署の職員ですら説明出来ない不可解な税制
早く金融税制を一本化してもらいたいですね。
三流政治家の皆さんの活躍に期待。

FX、株式、配当を含めて、10%の税金が一番良いのではと個人的には考えています。



★日経ネットからの引用

自民党の麻生太郎幹事長が9日、株式配当金の非課税制度を打ち出したことで、今秋の税制改正論議でも証券税制が再び焦点の1つに浮上しそうだ。ただ財源不足のうえ「金持ち優遇」批判も予想され、実現するかどうかは不透明だ。

 与党は昨年末の税制改正大綱に、株式譲渡損との損益通算制度の導入と引き換えに、株式配当に適用してきた軽減税率(10%、本則20%)を2008年末で廃止すると明記した。だが与党から軽減税率の延長を求める声があったことから、配当は年100万円以下の部分に限って軽減税率を2年間延長することにした。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。